人間の安全保障

1994年国連開発計画が発行している人間開発報告書に初めて「人間の安全保障」という言葉が使われました。この報告書では、安全保障を伝統的な国家中心ではなく、人間を中心において考えるべきだとしました。この報告書は、人間の安全保障を次の7つのカテゴリーに分類しています。

  1. economic security (freedom from poverty)
  2. food security (access to food)
  3. health security (access to health care and protection from diseases)
  4. environmental security (protection from such dangers as environmental pollution and depletion)
  5. personal security (physical safety from such things as torture, war, criminal attacks, domestic violence, drug use, suicide, and even traffic accidents)
  6. community security (survival of traditional cultures and ethnic groups as well as the physical security of these groups)
  7. political security (enjoyment of civil and political rights, and freedom from political oppression)
その後、ノルウェーやカナダを中心にHuman Security Networkが組織されたり、国連にCommission on Human Security(人間の安全保障委員会)が設置されました。
人間の安全保障について、よく議論がかわされる点を少し紹介すると:
  • 国家の安全保障という伝統的枠組みに挑戦
冷戦が終わり、国家同士の争いよりも国内紛争が目立って増えてきたと同時に、グローバリゼーションによって、各地の(いわゆる)市民社会(civil society)が直接コミュニケーションをとったり互いに影響をあたえるようになりました。このような世界情勢を背景に、伝統的な国家の安全保障をこえ、グローバルガバナンスという概念をうみだしたこと、元々あった人間開発の概念を安全保障という言葉を使って位置づけたことが新しい試みでした。
  • あいまいな定義、広範囲に渡る分野
UNDPの7つの分類からも分かるように、人間の安全保障が一つの概念になるにはあまりにも意味の幅が広くあいまいである、ということが指摘されています。あらゆる開発分野を含むので、実際的な政策構想や学術的な研究分野として扱うことができないのです。例えば、人間の安全保障の一つとされている「暴力からの安全」を守るための政策が、「政治的な自由」という他の人間の安全保障を害する結果となる、といったような政策上の矛盾が起こることが考えられます。
それでは、もっと的を絞った定義を採用すればいいではないか、という議論もありますが、もっと狭い定義を作ることはつまり、広い定義の中で一番重要な要素を選ぶ(食糧へのアクセスは環境の安全より大事、等)ということになります。この場合、なぜその要素が他の要素より大切なのか、という説明が必要になり、誰もが納得する説明をするのが大変困難です。
  • 政治的な役割
人間の安全保障が叫ばれる背景には、もちろん政治的な意図もはたらいています。強大な軍事力を持たないミドルパワーの国々が、軍事力を使わない分野に国際的な関心やリソースの分配を訴えることで、自国の国際社会における立場を優位にするという点があります。また、定義のあいまいさが問題として指摘される一方で、そのあいまいさが各国や各組織の利害関係をこえた協力を促す、政治的なスローガンとして役に立っています。
関連ウェブサイト:

参考文献:

  • Roland Paris, "Human Security:Pradigm Shift of Hot Air?", International Security, vol.26, no.2 (Fall 2001) pp.87-102 
  • Sabina Alkire, "Conceptual Framework for Human Security", (Commission on Human Security. 2002)
    William T. Tow, Ramesh Thakur, and In Taek Hyun, eds. Asia's Emerging Regional Order: Reconciling Traditional and Human Security, (Tokyo: United Nations University Press, 2000) Amazon
  • Christopher Murray and Gary King "Rethinking Human Security,"Political Science Quarterly, vol.116, no.4 (2001-2002) pp.585-610
  • Caroline Thomas, Global Governance, Development and Human Security: The Challenge of Poverty and Inequality, (London Pluto Press, 2000)Amazon
  • Bjorn Moller, "The Concept of Security: The Pros and Cons of Expansion and Contraction", (Copenhagen Peace Research Institute, August 2000)
  • Barry Buzan, Ole Waver, and Jaap de Wilde, Security: A New Framework for Analysis, (Boulder: Lynne Rienner, 1998) Amazon
  • Yuen Foong Khong, "Human Security: A Shotgun Approach to Alleviating Human Misery?" Global Governance, Vol. 7, No. 3 (July-September 2001)
  • Oliver Richmond, "Human Security, the 'Rule of Law,' and NGOs: Potentials and Problems for Humanitarian Intervention," Human Rights Review, Vol. 2, No. 4 (July-September 2001)
  • Astri Suhrke, "Human Security and the Interests of States," Security Dialogue, Vol. 30, No. 3 (September 1999), pp. 265-276
  • Peter Stoett, Human and Global Security: An Exploration of Terms (Toronto: University of Toronto Press, 1999)
  • Caroline Thomas and Peter Wilkin, eds., Globalization, Human Security, and the African Experience (Boulder, Colo.: Lynne Rienner, 1999)
  • Jorge Nef, Human Security and Mutual Vulnerability: The Global Political Economy of Development and Underdevelopment, 2d ed. (Ottawa: International Development Research Centre, 1999)
  • Majid Tehranian, ed., Worlds Apart: Human Security and Global Governance (London: I.B. Tauris, 1999)
    Tatsuro Matsumae and L.C. Chen, eds., Common Security in Asia: New Concept of Human Security (Tokyo: Tokai University Press, 1995)
  • 赤根谷 達雄, 中西 寛, 中沢 力, 落合 浩太郎, 栗栖 薫子 『新しい安全保障論の視座―人間・環境・経済・情報 』 (亜紀書房 、2001)Amazon
  • 勝俣 誠 『グローバル化と人間の安全保障―行動する市民社会NIRAチャレンジ・ブックス』(日本経済評論社、2001)Amazon
  • 多谷 千香子『ODAと人間の安全保障―環境と開発 』(有斐閣、2000)Amazon